不動産買取にかかる時間は?仲介とも比較して解説

不動産買取にかかる時間は?仲介とも比較して解説

2024/02/13

不動産買取とは「物件や土地などの不動産を専門業者に買取してもらう売却方法」です。

不動産買取には短時間で完了するなどのメリットがあります。

特に「急いで売りたい」というニーズを持っている方におすすめの方法が不動産買取になります。

 

ただ、短い時間で完了すると言っても、具体的にはどのくらいの時間がかかるのでしょうか。

この記事では不動産買取のメリット「短い時間で完了する」という点に焦点を当てて解説します。

 

■不動産買取にかかる時間は短い!売却方法のメリット

 

不動産買取には次のようなメリットがあります。

 

・売却完了までの時間が短い

・買主が専門業者なのでトラブルにならない

・買主が専門業者なので売却の手続きに慣れている

・引っ越しや転勤などのスケジュールに合わせやすい

・買主探しの宣伝広告をする必要がないため、周囲に知られず売却できる

・専門業者によっては残置物の撤去などにも対応してくれる

・仲介では売却が難しい訳あり物件なども売却できる

 

不動産買取にはこのようなメリットがありますが、中でも特に注目したいのが「売却がすぐに終わる」というメリットです。

不動産買取が売却完了までスピーディなのは、買主が手続き慣れした専門業者であるからであり、買主探しをする必要がないからでもあります。

急いで不動産を売却したいときは不動産買取を選ぶメリットがあると言えるでしょう。

 

■不動産買取にかかる時間と仲介にかかる時間を比較

 

不動産買取と仲介は共に不動産を売却する方法ですが、完了までに要する時間はかなり違っています。

まず仲介にかかる時間ですが、最短で3カ月~半年になっています。

あくまで最短の時間なので、これよりも時間がかかってしまうケースは少なくありません。

中には1年以上かかるケースや、買主が見つからずに売却できないケースなどもあります。

仲介は時間のかかる売却方法なのです。

 

不動産買取は1カ月ほどが売却完了までの目安時間になります。

もっと早く手続きが完了するケースも多いので、仲介と比較するとかなり短時間で終わると言えるでしょう。

 

なお、不動産買取をさらに早く終わらせたい場合は、不動産買取に特化した専門業者に依頼することをおすすめします。

不動産買取に特化している専門業者であれば、買取用の資金を常時プールしており、手続きにも慣れているので極めて迅速です。

「買取できない」というケースもほぼないので、短時間かつ確実性が高い売却になります。

 

■最後に

 

不動産買取にかかる時間の目安は1カ月です。

ただ、ケースによってはもっと早く完了することもあるので、ケースバイケースなところもあります。

売却を急ぎたい場合は手続きに慣れている不動産買取に特化した専門業者に依頼した上で「急いでいる」と伝えておくと安心です。

 

当社は北海道全域に対応している不動産買取に特化した専門業者です。

急いで不動産を売りたいならぜひエフティ不動産にお任せください。

「どのくらい早い時間で売れそうか」など、まずは話を聞きたいというご相談も歓迎いたします。